幼児教育教材・子供向け英語教材比較サイト幼児教育・知育に関して初めてでも分かりやすくご紹介!
トップページ > 自分の子供は大丈夫?

教育教材選び
ことばあそび
英語に慣れさせよう
感性を育てる(右脳)
芸術を養う(右脳)
自分の子供は大丈夫?
すうじあそび(左脳)
理系を学ぼう(左脳)
総合教材
年齢別教材選び
0歳児
1歳児
2歳児
3歳児
4歳児
5歳児
楽しみながら
おもちゃ
パズル
ゲーム
えほん
CD教材
DVD教材
お絵かき
悩み別知識
他のお母さんの幼児教育
自分の子供は大丈夫?
教育にかかる費用は?
子供は褒めて伸びる!
しつけの仕方
賢い教材選びとは?
自分の子供は大丈夫?

字を書くことができません。
言葉の理解が遅いです。
落ち着きがありません。
こういった悩みを多く聞きます。
「2歳なのですが、そろそろ会話が出来てもおかしくありません。
ですが、今のところしゃべりません。この先が不安です。」

不安になるのは、ごもっともです。
しかし、子供には個人差があり、他の子と成長の順序が違う子ももちろんいます。

行動が遅いと感じてしまうことがあると思います。
「なんで出来ないの?」「早くして!」
と言いたいところですが、お母さん、ぐっとここは我慢なのです
子供が自ら何か始めてやり遂げるというのは、自立心を育てます。
時間がかかっても見守ってあげましょう。
そして、出来た時はおもいっきり褒めてあげるのです。

どうして自分の子供なのに出来ないのかしら?
子供なんだから出来ない!と決めつけるのは、親の勝手な考えです。
何回も辛抱強く見守ってあげるのが、子供の成長に大きな関わりを持ちそれも幼児教育です。
どんな子でも1度2度では、中々分かってくれないものなのです。

いけないことをいけないと教えてあげることと出来ないことに対して、つい、叱ってしまうことの線引きを見失ってしまう時があるかもしれません。
そんな時は、一拍深呼吸して冷静になってみましょう。

子供はとても純粋です。
親が鏡になるしかないのです。
子供の目線に立って、いろんなことを教えてあげましょう。
また、幼児教育は一人で抱えるのではなく、時には第三者の声も必要です。
手助けしてくれる人は必ずいますので、一人で思い悩まないようにしましょう。

このページのトップへ戻る
Copyright© Special-Promo.jp All Right Reserved