幼児教育教材・子供向け英語教材比較サイト幼児教育・知育に関して初めてでも分かりやすくご紹介!
トップページ > 年齢別教材選び 2歳

教育教材選び
ことばあそび
英語に慣れさせよう
感性を育てる(右脳)
芸術を養う(右脳)
年齢別教材選び 2歳
すうじあそび(左脳)
理系を学ぼう(左脳)
総合教材
年齢別教材選び
0歳児
1歳児
2歳児
3歳児
4歳児
5歳児
楽しみながら
おもちゃ
パズル
ゲーム
えほん
CD教材
DVD教材
お絵かき
悩み別知識
他のお母さんの幼児教育
自分の子供は大丈夫?
教育にかかる費用は?
子供は褒めて伸びる!
しつけの仕方
賢い教材選びとは?
2歳からの教材

2歳になるとことばを覚え始めて、一般的に会話が出来るようになってきます。
しかし、まだ言葉のボキャブラリーが少ないため、どうやって表現したらいいのか分からず、泣き出し、聞いているママがイライラしてしまう時期でもあります。
その他にも「ヤダヤダ」「あのね、あのね」など同じ言葉を繰り返し使いたがります。
会話が出来なかったり、思うように行動できなかったりしてママを困らせる時期です。
それは、まだ自分自身を理解することが出来ず自分に対して子供自身がついていけてないだけのです。
悔しかったり、泣きたいのはママも子供も同じなのです。

また、この頃の生活習慣は後々大切です。
規則正しい生活は、幼稚園や保育園に行くようになってから楽になりますので、なるべく早めに週間づけましょう。
夜は、8時ごろが理想です。
ママは大変だと思いますが朝は早く起きて、子供に朝ごはんを食べる習慣をつけさせましょう。
朝ごはんを食べると、体と脳を目覚めさせます。
子供の脳づくりや、学習にも大きく左右します。
大人の都合でなく、最低起きる時間、寝る時間はしっかり決め、3食ご飯はしっかり取りましょう。
生活習慣をしっかりしてあげることで幼児教育となります。
→幼稚園、保育園でも歌われている楽しくしつけの決定版CD

手も動かせるようになり、段々手先が器用になってくるのでえんぴつやクレヨンを持たせると絵を描き始めたり、ぬりえをし始めます。
いろんなところにお絵かきをしてしまうので、壁や床は、気をつけたいところです。

→お絵かきでのびのびした発想力を

2歳も後半になってくると、運動能力が伸びてくるころです。
テレビでヒーローを見て、マネっこしたり歌っている人がうつると踊ったりします。
興味を持っていること、持たせたいと思うことを無理にやらせるのではなく、自然に手に持たせたりさせます。
ママやパパが楽しそうにやっていると子供は、やってみたい!といった気持ちになります。
そして、出来たらすぐに褒めてあげるのです。
出来たことに対して、子供は嬉しいと感じ面白いくらい、能力が伸びていきます。

→2歳からできるひらがな学習

このページのトップへ戻る
Copyright© Special-Promo.jp All Right Reserved